適応障害

適応障害

適応障害

適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。たとえば憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。また、無断欠席や無謀な運転、喧嘩、物を壊すなどの行動面の症状がみられることもあります。
ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると、症状は次第に改善します。でもストレス因から離れられない、取り除けない状況では、症状が慢性化することもあります。そういった場合は、カウンセリングを通して、ストレスフルな状況に適応する力をつけることも、有効な治療法です。

(申し訳ございませんが現在、当院ではカウンセリングを行っておりません)

適応障害とは

適応障害とは、ICD-10(世界保健機構の診断ガイドライン)によると「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」と定義されています。
ストレスとは「重大な生活上の変化やストレスに満ちた生活上の出来事」です。ストレス因は、個人レベルから災害など地域社会を巻き込むようなレベルまで様々です。
また、ある人はストレスに感じることがほかの人はそうでなかったりと、個人のストレスに対する感じ方や耐性も大きな影響を及ぼします。つまり適応障害とは、ある生活の変化や出来事がその人にとって重大で、普段の生活がおくれないほど抑うつ気分、不安や心配が強く、それが明らかに正常の範囲を逸脱している状態といえます。
さらに、ICD-10の診断ガイドラインを見ると、「発症は通常生活の変化やストレス性の出来事が生じて1カ月以内であり、ストレスが終結してから6カ月以上症状が持続することはない」とされています。ただしストレスが慢性的に存在する場合は症状も慢性に経過します。
もうひとつ重要な点は、ほかの病気が除外される必要があります。統合失調症、うつ病などの気分障害や不安障害などの診断基準を満たす場合はこちらの診断が優先されることになります。
いったいどれくらいの人が適応障害になっているかというと、ヨーロッパでの報告によると、一般的には人口の1%といわれています。日本での末期がん患者の適応障害有病率の調査では、16.3%といわれています。
しかし適応障害と診断されても、5年後には40%以上の人がうつ病などの診断名に変更されています。つまり、適応障害は実はその後の重篤な病気の前段階の可能性もあるといえます。

※「厚生労働省 知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス」より引用

クリニック概要

医院名
坂井メンタルクリニック
診療科目
精神科・心療内科
住所
〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町1-2-12 関根ビル4F
最寄駅
浦和駅アトレ北口 徒歩1分
TEL
048-824-7302
診療時間 日・祝
9:30 - 12:30
14:30 - 19:00

休診日:木曜、日曜、祝日

※受付時間
(曜日によって午後の受付時間が異なります)
【★月・水:午前9:15~12:15 午後14:15~18:00】
【●火・金:午前9:15~12:15 午後14:15~18:45】
【▲土:午前9:15~14:45(お昼休みなし)】

※平成31年3月2日(土)より、土曜日の受付時間は
9:15~14:30となります。

※初診の方は電話予約が必要となります
詳しくは『初診の方へ』のページをご覧ください。