PTSD

PTSD

PTSD

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)は、強烈なショック体験、強い精神的ストレスが、こころのダメージとなって、時間がたってからも、その経験に対して強い恐怖を感じるものです。震災などの自然災害、火事、事故、暴力や犯罪被害などが原因になるといわれています。
突然、怖い体験を思い出す、不安や緊張が続く、めまいや頭痛がある、眠れないといった症状が出てきます。とてもつらい体験によって、誰でも眠れなくなったり食欲がなくなったりするものですが、それが何カ月も続くときは、PTSDの可能性があります。ストレスとなる出来事を経験してから数週間、ときには何年もたってから症状が出ることもあります。こうしたつらい症状が続いているときは、専門機関に相談しましょう。

「PTSD」とは

PTSDは、とても怖い思いをした記憶がこころの傷となり、 そのことが何度も思い出されて、恐怖を感じ続ける病気です

このページを訪れたあなたは、過去にとても怖い思いをした経験があるのではないでしょうか。
PTSDとは、命の危険を感じたり、自分ではどうしようもない圧倒的な強い力に支配されたりといった、強い恐怖感を伴う経験をした人に起きやすい症状です。その怖かった経験の記憶がこころの傷(トラウマ)として残り、様々な症状を引き起こしてしまうのです。

人によって、怖い経験は異なります

しかし、このような経験をした人が全員PTSDになるわけではありません。同じ事故にあっても、PTSDになる人とならない人がいます。
では、PTSDになる人はこころの弱い人なのでしょうか?実際にはそんなことはなく、屈強な男性がPTSDに悩まされている例もたくさんあります。どんな人がPTSDになりやすいのかはわかっていません。PTSDは、誰がなるかわからない障害です。言いかえれば、誰にでもその可能性があるのです。
いつまでもこころの傷を克服できないからといって、自分を責めないでください。とても怖い思いをしたあなたにとって、PTSDは自然の反応ともいえるのです。

その症状がPTSDだと気がつかないこともあります

生命の危機に直面するほどの体験をしていても、今悩まされている症状とその体験を結びつけることができないこともあります。
原因がわからないまま、こころの不安定な症状が続くと、原因がわかっている時以上に本人も周りの人もつらく、疲れてしまいます。それが過去の体験に関係していると気づくことができれば、それは回復への第一歩となります。

「PTSDかもしれない」と思ったら、どこに行けばいい?

その体験が犯罪被害の場合は、犯罪被害者の会や支援組織など、多くの相談窓口が用意されています。
地震などの大きな天災の時は、救護チームの中にカウンセラーが派遣されることもありますので、救援スタッフに尋ねることもひとつの手段です。 その他、地元の精神保健福祉センターや、精神科や心療内科など、PTSDに知識のある専門医やカウンセラーのいる施設もあります。 とはいっても、性的被害や家庭内の虐待などは人に相談しにくく、とくに女性や子供など立場の弱い人の中には誰にも相談できず一人で悩み、がまんしている人が少なくありません。
PTSDでなくてもいいのです。今あなたがつらい思いをしているのなら、一人でがまんせず、思い切って相談窓口のある施設に連絡をとってみてください。

※「厚生労働省 知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス」より引用

クリニック概要

医院名
坂井メンタルクリニック
診療科目
精神科・心療内科
住所
〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町1-2-12 関根ビル4F
最寄駅
浦和駅アトレ北口 徒歩1分
TEL
048-824-7302
診療時間 日・祝
9:30 - 12:30
14:30 - 19:00

休診日:木曜、日曜、祝日

※受付時間
(曜日によって午後の受付時間が異なります)
【★月・水:午前9:15~12:15 午後14:15~18:00】
【●火・金:午前9:15~12:15 午後14:15~18:45】
【▲土:午前9:15~14:45(お昼休みなし)】

※平成31年3月2日(土)より、土曜日の受付時間は
9:15~14:30となります。

※初診の方は電話予約が必要となります
詳しくは『初診の方へ』のページをご覧ください。